人間生きていたら不平不満もあると思います。

「もっとお金があったら幸せなのに」

「職場の同僚が嫌な奴で」

「何で人生は上手く行かないんだ」

様々な思いを抱いているでしょう。

 

ただ、不平不満を言っていると、さらに不平不満を言いたくなるような現実を引き寄せてしまいます。

量子力学では意識していることが現実化されることが実証されています。

普段あなたが発する言葉、考え、態度、行動。

これらの結果があなたの目の前にある現実です。

 

生涯を慈善活動に費やしたマザーテレサの有名な言葉があります。

「反戦活動には行かないけど、平和活動なら行くわ」

争いに反対している人たちは、逆に争いに力を注いでいることになります。

私たちが意識していることにエネルギーが注がれるからです。

 

マザーテレサはこのことに気付いていたのでしょう。

彼女の元には多くの寄付金が集まったそうです。

それは彼女が明るい世界をイメージして、多くの人に笑顔を届けようとする意識があったからでしょう。

その意識がさらに平和へのエネルギーとなりました。

 

「類は友を呼ぶ」とは宇宙の真理をよく表している言葉だと思います。

結局は自分と同じようなものを引き寄せるということです。

不平不満を言いたくなるような物事に意識を向けていたら、不平不満を言いたくなるような現実に。

喜びや楽しみ、幸せに意識を向けていたら、さらにそれらを引き寄せるような現実が引き寄せられます。

 

あなたにも経験があると思います。

朝ツイていないことが起きると、1日中不運な出来事が続くだとか。

逆に良いことが立て続けに起きる日があったりだとか。

それはあなたが何に意識を向けているかの結果であり、あなたの意識を向けているものの証拠が今のあなたの現実なのです。



すべてはあなたが原因です。

不平不満を言いたくなる現実を引き寄せているのはあなた自身です。

これは受け入れがたいことですが事実です。

原理原則です。

 

でも逆にこれを利用すれば良いのです。

幸せになりたければ意識を向けている先を変えればいいのです。

あなたがすでに幸せであることに意識を向けるのです。

「いやいや、借金地獄で幸せどころか不幸のどん底だ」

そういう方もいるかもしれません。

「借金」に意識を向けると不幸を感じるかもしれません。

 

あなたは実は5億円以上の価値を持っていると言ったらどう思いますか。

例えば、

「あなたの両眼を5億円で売ってください」

と言われたらどうですか。

ほとんどの人がノーと答えるでしょう。

つまりあなたはこの時点で5億円以上の価値のあるものを持っているということです。

 

屁理屈に聞こえますか。

でも人間は失ってはじめて気づく価値が多いです。

明日急に足が動かなくなったら。耳が聞こえなくなったら。言葉がしゃべれなくなったら。

 

今当たり前と感じていることが本当は一番大切なものです。

だからそれらにもっと感謝することです。

ふと探してみると感謝できることで溢れていると思います。

あなたが今当たり前にできていることは、いつか当たり前でなくなる日が必ず来るのです。

 

だから今感謝することです。

不平不満に意識を向けるのではなく、今あるもの、持っているもの、当たり前のものに感謝する。

あなたがすでに幸せであることに意識を向けるのです。

 

家族がいる人は家族がいることを。

健康である人は健康であることを。

生きていることを。

 

あなたは十分幸せであるはずです。

 

あなたの人生が幸せで満ち溢れ、感謝できる毎日になることを祈っています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。