【人生どん底の人必見】人生は帳尻が合うようにできている

【人生どん底の人必見】人生は帳尻が合うようにできている

「どうして何もかもが上手く行かないんだろう」

「全く何一つ良いことが起きない」

「人生どん底。お先真っ暗」

 

今あなたはそう感じているのかもしれません。

ことごとく悪いことが起こる。

自分よりも不幸な人はいるのかしら。

不満をあげればきりがないのかもしれません。

 

かく言う私も、数年前には多額の借金を背負い、また病気に苦しみ働くことができない時期がありました。

その時は、まさに人生どん底。

もうそこから這い上がることはできないのだろうと思っていました。

お金に追われる日々。

病に苦しみ家に引きこもる日々。

それが今ではすべての面において改善してきています。




人生は帳尻が合うようにできている

最近、今更ながら矢沢永吉さんの言葉が耳に響きました。

 

「人生は必ず帳尻が合うようにできている」

 

矢沢永吉さんと言えば、誰もが知るロックシンガーですが、過去に多額の借金を背負わされた経験があります。

その額なんと35億円

横領により矢沢さんが背負わされてしまったとのことです。

もう金額が大き過ぎて訳が分からないですが。

それよりも驚きなのが、矢沢さんはその35億円を6年で完済してしまいます。

 

後になって矢沢さんは「あの事件は、あれはあれでありだった」と言います。

有頂天になり、浮足立っていた自分を大きな出来事が戒めてくれた。

借金が自分を成長させてくれた。

矢沢さんはそう言います。

 

借金を背負わされていなければ、今のように皆から愛される矢沢永吉はいなかっただろうと、奥様も話されています。

矢沢さんは35億円の借金の代わりに「伝説」を手に入れたのかもしれません。

 

ネガティブな出来事の後には必ずポジティブな出来事が起きます。

逆に言えばポジティブな出来事の後にはまたネガティブな出来事が起きます。

振り子のように。

人生は帳尻が合うようにできています。

35億円の借金を背負い、それを完済し、伝説になった矢沢さんが言うから説得力があります。

 

私の感覚的にも、人生はネガティブの後にはポジティブが、ポジティブの後にはネガティブが起こる気がしています。

どちらか一辺倒ということはあり得ません。

だから今人生が辛くどん底にいる方。

今が不幸の真っただ中の方。

その状況がずっと続くことはありません。

必ずこれからポジティブな出来事がやってくるでしょう。




谷深ければ山高し

辛く苦しい状況にいる方こそ、これからその反動で素晴らしいと感じる未来がやってきます。

サッカーの本田圭佑選手はこう言います。

「谷深ければ山高し」

ACミランで思うような結果が出せず、周囲から非難を浴び続けていた時期の言葉です。

辛いことを経験すればするほど、それを乗り越えた時の喜びは大きいと言います。

今本田選手はサッカーのみならず、ビジネスの世界でも成功しています。

 

大きなネガティブに遭遇している人ほど大きなポジティブを手に入れることができます。

この宇宙の法則、原理原則は正しいと私は感じています。

だから安心してほしい。

この辛さを味わっている分、人よりも多くの不幸を感じてしまっている分。

あなたには素晴らしい幸せがやってくる。

そのことをどうか信じてほしいです。

 

物事は必ず移り変わります。

今の状況が一生続くなんてことはありません。

今の苦しい状況が、どん底が続くことはありません。

 

あなたにこれから輝く未来がやってくることを確信しています。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。