「いつも周りばかり気にしてしまう」

「他人の自分への評価が気になる」

「自分は大したことがない人間だ」

 

思い当たる節がある人は自己肯定感が低くなっているのかもしれません。

自己肯定感が低いと自分に自信が持てず、自分らしい行動もできなくなってしまいます。

自己肯定感を上げることで、自分らしさを取り戻し、他人の目を気にせずに堂々と振舞うことができます。

ありのままの自分を受け入れよう

どうすれば自己肯定感を上げることができるでしょう。

それは「ありのままの自分を受け入れる」ことです。

自分の良い面も悪い面も全部ひっくるめて受け入れるということです。

 

これがとても難しい。

私たちは、子供のころの教育の影響で、特に真面目な人ほど「もっといい人間にならなければ」という意識を持っています。

そういう人は自分を成長させることに一生懸命です。

根底には「今の自分じゃダメだ。もっと成長しなければ」という意識があります。

これは現状の自分を自己否定していることになります。

 

かく言う私も若いころは自己否定が強く、常に「もっと成長しなければ」という意識を持っていました。

成長を望むこと自体は良いことですが、その前提の意識が「自分はダメな人間だ」だったので物事が上手く行きませんでした。

何か達成しても、心に虚無感が残り、また次を求める。

そしてまた次。

これを繰り返し、自分を高め続けることに一生懸命でした。

そしてそれが行きつくところまで行って弾けました。

何もできなくなりました。

もうお手上げです。



あなたはありのままで素晴らしい

そんな時にふとネットで目に付いたのが「あなたはありのままで素晴らしい」という言葉です。

それまでの自分は、自分のネガティブな部分(実際には自分がネガティブと思っている部分)が許せませんでした。

ダメな部分が許せませんでした。

人より劣っている部分を見つけては劣等感を感じていました。

必死にそれを克服しようとしていました。

 

でもそれが間違いだったということに気付かされました。

「あなたはありのままで素晴らしい」

お金がなくても、性格が悪くても、仕事ができなくても、容姿が醜くても、消極的でも、コミュ障でも、社会貢献していなくても。

それらを受け入れることがすべての始まりだということです。

ありのままの自分を受け入れると静かなる自信が付いてきます。

自信を付けるために「優秀」になる必要はありません。

ただただ自分がダメだと思っている部分を受け入れる。

それですべてが変わります。

 

ついつい落ち込んでいる時、大抵私たちは自分の悪いところに着目しています。

その「悪い」と思っていること、そのままでいいのです。

変える必要はありません。

変えたければ変えても良いですが、変えなくてもあなたはそのままで素晴らしい存在です。

 

ありのままの自分を受け入れる方法

それではどうすれば、ありのままの自分を受け入れられるのでしょう。

それは、自分がダメだと思っていることの反対側を見つめることです。

例えば、あなたがコミュ障だとします。

あなたはそれが嫌で直したくて仕方がありません。

でもコミュ障であることで得られていることがあるはずです。

一人の時間をたくさん持てたり、物事を深く考えられたり、余計な人間関係に付き合わなくて済んだり。

 

物事にマイナスだけしかないということはありません。

必ずすべての物事はプラスとマイナスの両局面を持っています。

雨が降ることで喜ぶ人もいれば、怒る人もいます。

あなたはマイナスな側面に着目しているだけなのです。

だからそれをニュートラルに持っていく必要があります。

そのために、物事の反対側を見つめることが大切です。

 

この気付きを得た時に、価値観がガラリと変わります。

自分って結構良い側面もあるんだなと気付かされます。



周りに期待することがなくなる

そしてありのままの自分を受け入れると人間関係も良好になります。

それは、周りに期待することがなくなるからです。

 

自分にもダメな部分がある

それを受け入れよう

相手にもダメな部分がある

相手のダメな部分も受け入れよう

 

そういう意識が働きます。

相手に良い人間になることを期待することがなくなります。

期待しないので、人間関係に失望することもありません。

その結果、人間関係のストレスがなくなります。

 

自分のダメな部分を受け入れられていない人は、相手にも厳しいはずです。

それが周囲との余計な衝突を生みます。

「自分はダメでもいいや~」

「何にもできなくていいや~」

真面目過ぎる人はこれぐらいで考えた方がちょうどいいです。

今のあなたはそのままで100%素晴らしい存在

あなたが「~しなければならない」と思っていること。

常識、一般的、普通、大人。

これらは社会が作り出した幻想です。

それに縛られる必要はありません。

たとえ他の人ができて、あなたができないことがあっても良いじゃないですか。

それはあなたの個性です。

逆の場合もあるでしょう。

あなたにしかできないこと。

 

でもそんなのなくても良いです。

あなたは今のあなたのままで100%素晴らしい。

完璧です。

ダメなあなたのままでいいのです。

ダメな部分があってもいいのです。

 

自分のダメ部分を受け入れられるようになると人生が変わっていきます。

自己肯定感が上がり、スムーズに物事が進むでしょう。

これまで自分を否定してきた人がすぐに自分のダメな部分を受け入れるのは時間が掛かるかもしれません。

でも時間を掛けるに値するぐらい価値のあることです。

人にも優しくなれます。

そこには自分への愛と他者への愛があります。

愛がある行動からは愛ある現実が引き寄せられます。

あなたの周りには優しい人が溢れ、穏やかな日々を送れるでしょう。

 

「ありのままの自分を受け入れる」

このことの大切さを書いても書いても足りない気がしますが、少しでもこの思いが伝わることを願っています。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。