あなたは自信がありますか。
「ある」と即答できる人はそんなに多くはないかもしれませんね。

でも安心してください。 あなたが今どのような状況にいてもこれから自信をつけることができます。 自信をつける方法を5つご紹介します。

自信をつける方法

①姿勢を良くする


自信のない人は大抵猫背になっています。 落ち込むとは文字通り体を落ち込ませることによって、心まで落ち込んでしまうことです。
そこで試しに背筋をピンと張り、姿勢を良くしてみてください。

人は姿勢が綺麗な状態で悩んだり、落ち込んだりすることができません。心と体は密接に関わっているからです。
自信がない人は是非姿勢を良くすることからやってみてください。

驚くべき効果を実感するでしょう。 姿勢を変えるだけで人生の流れを変えることができます。

興味のある方は次の記事を参考にしてください。



②声を大きくする


声の大きさも自信に大きく関わってきます。

周りにいる自信がある人を思い出してみてください。 きっとその人は声が大きいはずです。

大きな声を出すことで周りにもあなたが自信があるように写ります。

また大きな声を出すということは、自然と呼吸が深くなり、血行も良くなります。
声が小さい人がいきなり大きな声を出すのは最初は恥ずかしいかもしれませんが、声を出すメリットは絶大です。 今日から声をいつもより大きくしてみてください。

③小さな成功体験を積み重ねる


小さな成功体験を積み重ねることで自信をつけることができます。

結局のところ、自信は一朝一夕にはつきません。 日々の積み重ねの中で、成功体験を積み上げて行くことで次第に自信がついてくるのです。 ただこの成功体験は必ずしも大きなものである必要はありません。

 

早起きできた。

運動できた。

本を一冊読めた。

何でも良いのです。
小さなことに達成感を持ってその都度自分を褒めることです。 そうすれば、自分はこんなにもたくさんのことができたと実感でき自信がついてきます。

④運動をする


心と体は表裏一体です。
運動をするとストレスが発散されると同時に自信がついてきます。

筋肉をつけて引き締まった体になれば、男性も女性も自分に自信が持てるようになります。 見た目が良くなるからということもありますが、内面でも自己肯定感が高まり、堂々と振舞うことができるようになるのです。

運動することを軽く見てはいけません。 特に男性は筋肉をつけることが自信をつけることに繋がります。

SIX-CANGE

⑤どんな時でも笑顔でいる


失敗をした時、壁にぶち当たった時、人は萎縮してしまうものです。

そんな時にあえて笑顔でいてみてください。体のこわばりがなくなり、緊張がほぐれるでしょう。

笑顔は脳を勘違いさせることができます。辛い状況でも笑顔でいることで楽しいと脳に思い込ませることができます。 必要以上にネガテイブにならないので、自信を持って行動することに繋がります。

自信をつけるメリット



このようにして自信をつけることは大きな価値があります。

自信をつけることで少々のことでは動じなくなります。

必要以上に落ち込むこともなくなります。 また前向きな考え方ができるようになり、周りにも良い影響を与えます。 自分を信じる力、自分を愛する力が強くなります。

自信を持っていると、頭に浮かんだ良いアイディアを実行する力が出てきます。

その行動が結果を生み周りから評価される。そしてまた自信がつく。

自信を持って行動 → 成果が出る → 評価される → 自信がつく


こうやって自信をつけると良い循環に入ることができるのです。

まとめ


自信を持って生きることはとても大切です。

人生をより軽やかに生きるためには、自信を持ち行動することです。
自信というのは、何かを成し遂げなければつかないものではありません。

自分の意識次第でいくらでもつけられるものです。
もし今自信がなくて悩んでいるなら、ご紹介した方法を試してみてはいかがですか。

関連記事