波動と言うと、目に見えないのでその存在をにわかに信じがたい人もいるかもしれません。

しかし、すべての物質は分子、元素からできていて、さらに細かくしていったら最後はエネルギーに行きつくことが分かっています。

つまり私たちの身体もエネルギーでできているのです。

私たちの身体からはこのエネルギーが波となって、すなわち波動となって出ていると言います。

よく「波長が合う人」という言葉を使ったりします。

これは、お互いの波動が共鳴し合っている人同士のことで、私たちの普段の生活でも何気なく「波動」を感じていたりします。

 

すべての物質はエネルギーで出きているということは、そこら辺に転がっている石ころだって波動を出しているということです。

そう、私たち人間を含め、すべてのモノが波動を出しているため、常に何らかの影響をし合っているのです。

 

波動が高い状態とは「楽しさ、豊かさ、嬉しさ、幸せ」を感じやすい状態のことです。

逆に低い波動の状態とは「憎しみ、恨み、嫉妬、後悔」を感じやすい状態のことです。

波動の高い状態でいれば、それにふさわしい波動を持っているモノと波長が合うし、逆に波動が低い状態であればそれにふさわしい波動を持っているモノと波長が合うことになります。

 

あなたの波動が高ければ自然と波動の高い人やモノが引き寄せられます。

「類は友を呼ぶ」

という言葉のとおり、明るい雰囲気を持った人には明るい雰囲気を持った人が集まるでしょう。

 

つまり、あなたの目の前にある現実は、あなたの出している波動そのものということです。

あなたのもとに集まっている人やモノはあなたと波動が合っている証拠なのです。

起きる出来事も一緒です。

なぜかいつも不運に見舞われる人。

なぜかいつもツイている人。

 

これはあなたが選んでいる波動が原因です。

波動を選ぶとは、あなたの現実で起きる出来事に対して、あなたがどう解釈するかということです。

「電車が遅れる」という事実に対してどう解釈するか。

イライラして時計とにらめっこして時間を過ごすか。

それとも良い時間ができたと、明日する楽しいことや嬉しいことを想像して過ごすか。

 

どちらも同じ事実に対してどう解釈するかであなたの波動が違ってきます。

高い波動を選択すると、次また起きる出来事に対して、また高い波動での解釈がしやすくなります。

逆に低い波動を選ぶと、次回もまた低い波動で解釈してしまいます。



いつもニコニコしている人がいます。

その人は高い波動を選択しているのです。

その人に不運なことが起きないわけではありません。

周りから見たらかわいそうだなと思ってしまうことが起きても、その出来事に対する解釈が違っているのです。

その人にとってはピンチはチャンスなのです。

一見不運に見える出来事に対しても高い波動を選択しているのです。

 

ではどうすれば高い波動を選択し続けることができるのでしょうか。

それはスモールステップがポイントになります。

低い波動からいきなり高い波動を選択するのは難しいでしょう。

今よりも少しだけ高い波動を選択することです。

 

「借金はあるけど、考えてみたら衣食住は揃っているし、スマホも持っているし、海外の貧しい人に比べたら自分は幸せだよな」

「今日も上司に怒られたけど、帰りにコンビニで美味しいスイーツを買ってストレス発散しよう」

「病気だけど、手足が自由に動くからまだいいや」

 

今よりもほんの少しだけ、楽しさ、豊かさ、嬉しさ、幸せを感じる方へ考え方・解釈を変えることです。

借金のある人がいきなり「億万長者になった気分になろう」というのは無理があるでしょう。

だからスモールステップ。

ほんの少しいい気分を選択することです。

その選択の連続が高い波動をキープすることに繋がるのです。

 

高い波動を維持できれば、高い波動を持った人、モノ、出来事が引き寄せられます。

そうすれば、あなたの人生は、楽しさ、豊かさ、嬉しさ、幸せを感じやすい人生になるでしょう。

今日も少しだけ高い波動を選びましょう。

 

あなたがほんの少しだけでも高い波動を選ぶことができて、幸福な出来事が訪れることを心から願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。