あなたは人に対して許せないことはありますか。

生きていたら一つや二つあるかと思います。

心無いことを言われたり、とても傷付くことをされたりすると許せない気持ちが出てくるものです。

「許せない」という気持ちは、その相手に対してマイナスな感情として放たれます。

許せないという気持ちは潜在意識に植え付けられる

一方で潜在意識は主語を認識できません。

あなたが「許せない」という気持ちになり、相手に対して放たれた感情はあなた自身にも向けられます。

潜在意識は沸き起こったネガティブな感情だけを受け取ります。

つまり、あなたが人を許せないと思えば思うほど、自分自身にネガティブな意識を植え付けていることになります。

あなたが原因不明のマイナス思考に陥っている時、誰かを許せていない可能性があります。

許せない対象を考えれば考えるほど、強く潜在意識に植え付けられます。

 

そうです。

人を許すということには、相手に対してネガティブな感情を持たないという意味と、自分自身の潜在意識にネガティブな感情を植え付けないという2つの意味があります。

許せないという怒りの感情は、さらに許せないという現実を引き寄せます。

良くも悪くもあなたが意識していることが現実になります。

どのような自分でいるか。

それが大事です。

ネガティブなフィーリングはネガティブな現実を引き寄せます。

だからもしあなたが今許せない人がいるとしたら、自分のために許してみてはいかがでしょうか。



人を許す方法

それでは、どうすれば人を許せるでしょう。

誰かがあなたを傷付けた時、すぐに許すことはなかなか難しいかもしれません。

でもそれは仕方ありません。

まずは、すぐに許せない自分を許しましょう。

 

傷付けられた時、しばらくは怒りの感情が沸いてくるでしょう。

でも時間という薬があります。

怒りの感情も時間が穏やかにしてくれます。

 

そして冷静になった時に、考えてみてください。

あなたが相手からされたことのポジティブな側面は何か。

そこから得られたことはないか。

それがなかったら今のあなたはいません。

必ずプラスの側面があるはずです。

それを探して心の中心軸に戻るようにします。

 

今までネガティブな側面しか見えていなかったものがポジティブな側面が見えてきます。

これが本当の許しです。

相手からされた行為に感謝できた時に初めて許せたということです。

中心軸(中庸)を意識する

これは最初から上手くやるのは難しいかもしれません。

でも物事には本来プラスもマイナスもありません。

意味づけをしているのはあなた自身です。

 

人は、中心軸(中庸)にいる時に幸福を感じ、より物事がスムーズに進みます。

人を許せていないということは、中心軸から外れているということです。

ネガティブに傾いているということです。

これでは物事はスムーズには進みません。

 

常に中心に戻すことを意識すること。

自分の感情がネガティブに傾いていると感じたら、ポジティブな側面を探すこと。

逆に楽し過ぎて浮かれている時は、ネガティブな側面がないか探すこと。

心を整えるのです。

 

自分を許すということ

そして何より大切なのが、自分を許すということです。

真面目な人ほど自分を許せません。

できないこと、苦手なことに注目してしまい、できない自分を許せません。

自分を許せていないと自己肯定感が下がり生きづらい人生になってしまいます。

自分のダメな部分、できない部分、苦手な部分を許すことです。

 

自分を許すために良い言葉があります。

それは「まあ、いいか」です。

あなたが何か自分のことで許せない感情になった時にこうつぶやいてください。

「まあ、いいか」

そうすると力が抜けて、自分を許せるようになります。

完璧主義な人ほどこの言葉は効果があるでしょう。

 

自分を許せるようになると自己肯定感が上がります。

人にも寛容になれます。

他人を許す以上に自分を許すことは大切なことです。

是非自分を許してください。

 

あなたが自分も他人も許し、穏やかに人生を歩んでいけることを願っています。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。