【失敗こそ成長の糧】失敗が人を成長させる|たくさん失敗してください

【失敗こそ成長の糧】失敗が人を成長させる|たくさん失敗してください

失敗をしたことがない人はいないと思います。

仕事での失敗。

人間関係での失敗。

お金での失敗。

日常生活を送っていれば失敗はつきものです。

失敗が成長を運ぶ

振り返ってみると、大失敗したという経験をした時に成長しているように感じます。

失敗した当初は、「何であんなことをしたんだろう」と後悔に明け暮れます。

昔から「失敗は成功の元」と言います。

エジソンは、失敗を失敗と捉えていなかった。

「上手く行かない方法を見つけた」

そう捉えていました。

 

「失敗していない人はチャレンジをしていない人だ」

そう言います。

そして人間が死ぬときに一番後悔するのが、

「何でもっとチャレンジしなかったんだろう」ということだそうです。

 

つまりチャレンジするということは失敗することと同義です。

失敗をしなければ成功もありません。

成功した人は誰よりも失敗をしたと言えるのです。

 

私は仕事上で大失敗をしたことがあります。

他人にたくさんの迷惑を掛けてしまいました。

でも今考えるとそれがあったから今の自分があると思っています。

それがなかったら成長できなかったと。



あえて失敗を経験する

エジソンのように、失敗することで上手く行かない方法を見つけたと思うことができれば、失敗を恐れることがありません。

失敗をするのが怖くて、失敗を避けるように行動していると、身動きが取れなくなり何を成せなくなるでしょう。

行動するから失敗する。

挑戦するから失敗する。

これは当たり前のことです。

 

億万長者や成功者と呼ばれる人は、何もかも上手く行った人ではありません。

多くの失敗を経験して、試行錯誤して、いわゆる「成功」を勝ち取ったと言えます。

失敗を恐れずチャレンジする心が大事です。

 

むしろたくさん失敗した方が良いです。

日本人の親は子供に失敗をさせないようにしたがると言います。

親が先回りして子供の行動を制限します。

子供は失敗をしなくなる代わりに行動をしなくなります。

 

欧米人は逆に失敗に寛容である傾向があります。

子供は失敗するのが当たり前。

子供は失敗しつつ自分で学んでいきます。

「考える力」が養われます。

どうすれば上手く行くか、それを自分自身で考えさせることが教育において大切なのです。

 

どんどん失敗した方が良いと思います。

失敗して強くなります。

失敗から立ち直る精神力も養われます。

次に上手く行くように工夫することができるようになります。

 

失敗こそが成長に不可欠なもので、失敗なくして成長はあり得ません。

あえて失敗をしにいく。

失敗が成長に不可欠なら、失敗したことを喜ぶべきです。

失敗した時、「よし、成長できる」

そう考えて前向きに捉えることです。

失敗を批判する世の中だからこそ

失敗した時は、周りから批判されることもあるかもしれません。

芸能界に目を向けても、失敗した人を袋叩きにする風潮があります。

だから日本人は失敗することにビクビクしてしまいます。

もっと失敗に寛容な世の中なら良いのにと思うことがあります。

 

でもそれもチャンスなのです。

失敗を袋叩きにする風潮がある世の中だからこそ、失敗から立ち直った時に大きく成長できます。

ハードルが高い分、乗り越えた時の達成感、成長力は大きなものになります。

人生において失敗しない人なんていません。

失敗を糧として成長することが大切です。

 

失敗すると自己嫌悪に陥ってしまう人もいるでしょう。

でも忘れないでください。

多くの成功者、偉人、一流のスポーツ選手は必ずたくさんの失敗を経験していると。

失敗を喜ぶべきです。

あなたはまた成長できます。

成功に近づきました。

おめでとうございます。

 

その失敗にもポジティブな側面が必ずあります。

時間を掛けてそれを見つけることです。

失敗をたくさん経験すると、失敗が怖くなくなります。

失敗を恐れなくなります。

失敗から立ち直るスピードも速くなります。

その結果、よりたくさんの失敗を経験できるので、より成長します。

 

失敗は夢や願望をかなえる重要な材料となるのです。

たくさんの失敗をしてください。

むしろ失敗から率先して経験することをお勧めします。

失敗の数に比例して、成長、成功があるのですから。

 

あなたが失敗を恐れず、失敗をポジティブなものと捉えることができることを願っています。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。