「なぜか分からないけどダルい」

「どうしてもやる気が出ない」

 

そういう経験はないですか。

 

やる気が出ない原因

 

あなたが今やる気が出ないとしたら次のような原因があるでしょう。



①物事が上手くいっていない

仕事や家庭などで上手くいってない場合はやはりやる気が出てこないでしょう。

どうしても上手くいっていないことに意識が向かい落ち込んでしまいます。

 

②体調が悪い

体調が悪いときもやる気は出てきません。

体と精神は密接に関わっています。

体の調子が悪いと心まで元気がなくなってしまいます。

 

③頑張りすぎた

燃え尽き症候群とも言います。

頑張りすぎてしまって燃え尽きてしまってもやる気が出てきません。

 

これ以外にも原因はあるかと思います。

これらが複数に重なってなぜだか分からないけどやる気が出ないということも多いでしょう。

 

 

やる気を出す方法

なかなかやる気が出ないときは気分が落ち込んでいます。

気分を上げるためには好きなことをすると良いでしょう。

 

「あなたが子供の頃好きだったことは何ですか」

「時間も忘れるぐらい夢中になれることは何ですか」

「ワクワクすることは何ですか」

 

それらを自分に問いかけます。

 

読書、ドライブ、ランチ、ショッピング、アウトドア、映画、スポーツ、旅行

 

探せばたくさんあるはずです。

 

その中で今すぐできることをやる。

心の声に従う。

 

することは何でも良いです。

 

好きなことを自分にさせてあげましょう。

 

好きなことをするというのは、自分を大切にするということです。

好きなことをする自分を許すということです。

 

好きなことをすると自然と自己肯定感が上がり、気分が上がります。

 

 

あえて何もしないという選択

 

それでも気分が上がらない。

もしくは、好きなことをしたいという気持ちすら出てこない。

そういうときもあるでしょう。

 

そういうときはあえて何もしない

 

何もする気が起きないときに無理に何かをしようとしてもストレスになるだけです。

何もしたくないなら自分に正直になって何もしないという選択もありです。

 

人は理屈ではどうにもならない時があります。

振り絞っても気力が出ないこともあるでしょう。

 

そういうときは何もしない。

無理をする必要はないのです。

 

ずっと眠っていてもいい。

仕事を休んでもいい。

頑張らなくていい。

 

ずっと何もしないでいると、何かをしたくなる時が来ます

その時まで待つのです。

 

 

暗闇の中にもいつか光が差し込む

あなたは今暗いトンネルの中を彷徨っているのかもしれません。

人生のどん底と感じているでしょう。

 

「この暗闇からはもう抜け出せない」

「人生終わった」

 

そう感じているかもしれませんね。

 

でも心配しないでください。

その暗闇にもいつか光が差し込みます

どん底ならこれから上がるしかありません。

 

今はとても辛いと感じていることでも後になって、「あの時があったから」と思える日が必ず来ます。

 

すぐに立ち直れなくてもいい。

ゆっくりでいい。焦らなくていい。

 

止まない雨はない。

明けない夜はない。

 

ネガティブな状況が永遠に続くことはありません。

必ずポジティブなことがやってきます。

ネガティブに振れた後は必ずポジティブな出来事がやってきます。

 

大丈夫。

やる気が出なくても大丈夫。

 

必ず変化が起こる日が来るから。

その日までゆっくり休もう。

 

関連記事

 

おすすめ本