誰でも他人の評価は気になります。

 

学校では先生から評価され、

会社でも勤務態度や勤務成績として評価されます。

友人、同僚、家族など人間関係の中にいると必ず他人から評価されます。

 

評価されること自体は問題ありません。

私たちも他人を評価しています。

人間社会に生きている上では評価することされることは当たり前のことです。

 

他人軸で生きている

 

問題は他人からの評価で必要以上に傷ついたり落ち込んだりすることではないでしょうか。

 

他人からの評価で落ち込むというのは他人軸で生きているということです。

 

他人から良い評価がされれば良い気持ちになり、

悪い評価をされれば落ち込む。

 

人間として当たり前のことですが、

度が過ぎると他人にコントロールされたように生きていくことになります。

 

他人の悪い評価がそのまま自分の存在価値を低下させるように感じてしまうのが問題です。

 



自己肯定感を高めれば他人の評価は気にならない

 

他人の評価を気にしてしまうのは自己肯定感が低いことが原因です。

自分を肯定する力が弱いために周りの評価が直で自分の心に刺さるのです。

 

結局は自己肯定感を高めることが周りの評価を気にしないことに繋がります。

 

自分のダメな部分を愛することが自己肯定感を高めます。

 

自分のダメな部分、マイナスな部分をほったらかしにしておいて、

周りからの評価を得るために頑張ることはとても苦しいです。

 

自己肯定感が低いままに頑張っても、

いつも他人の目を気にして自信がないまま行動するので、

自分が本当にしたい行動、良いと思う行動ができません。

 

できないから成果が出てこない。

成果が出ないから周りから悪い評価を受ける。

そしてまた自己肯定感が低くなる。

 

この悪循環のループにはまってなかなか出てこられなくなります。

 

他人は自分のことを考えていない

そしてもう一つ大事なことは、

他人は相手のことをあまり考えずに評価することがあることを理解しておく必要があります。

 

あなたもそういう経験があると思います。

よく考えずに人を評価してしまったことがあるでしょう。

 

それなのにあなたは他人の評価を深刻に受け止めて思い悩む日々を送っています。

他人は自分のことに大して興味がありません。

みんな自分のことで頭がいっぱいです。

 

たとえ何か気に障ること言われたとしても、

相手は深く考えずに言ったのかもしれません。

 

だから「相手はそこまで自分に関心はないだろうな」程度の気持ちでいた方が楽です。

必要以上に自分が自意識過剰になっていることが多いです。

 

自己肯定感を高めつつ、相手は自分に興味がない事実を受け入れる

 

自分のダメな部分を愛して自己肯定感を上げていくことです。

それが他人の評価を気にしないための第一歩です。

 

あなたは今のままで、そのままで素晴らしい存在です。

人と比較しなくても良いのです。

 

そして、四六時中あなたのことを考えている人はなかなかいません。

あなたがびっくりするぐらい他人はあなたに興味がありません。

その事実を受け入れれば心が軽くなります。

 

自分は自分、他人は他人。

そうやって割り切って自分らしい人生を歩んでいきましょう。

 

関連記事

 

おすすめ本