「仕事を辞めたい」

「この仕事は自分には向いていない」

「もっと向いている仕事が他にあるはず」

仕事をしている人なら誰しもが思ったことがあると思います。

 

毎日嫌々ながら仕事に行き、職場の人間関係に疲れ、ヘトヘトになって家に帰ってくる。そしてまた次の日になったら仕事に行かなければならない。

日曜日の夜は最悪な気分。

 

そんな風に感じている方も多いでしょう。

 

簡単に辞められないから辛い

 

仕事を辞めたくても、辞めた後の生活のこともある。

家族もいる。

転職したとして、今よりも給料の良い会社とは限らない。

 

「今日で仕事を辞めよう」なんて簡単にはいきません。

 

そこがとても辛いですよね。

仕事を辞めたくても辞められない。

嫌だと分かっていながら毎朝通勤する日々。

 

今あなたは仕事が嫌モードに大きく傾いているのかもしれません。



仕事を辞めたいときの対処法

そんな時は、深呼吸をして次のことをしてみてください。。

 

もしかしたら仕事のことを見つめ直すいいきっかけになるかもしれません。

 

今の仕事の嫌な面10個リストアップします。

 

「給料が安い」、「残業が多い」、「人間関係が辛い」などたくさん出てくるかもしれません。

 

次に、今の仕事が自分にとって役立っていることやメリットを同じく10個リストアップします。

 

こうすることで「仕事を辞めたい」と偏っていた考えにバランスを取ることができる。

もしかしたら仕事を辞めるよりも辞めないメリットの方が大きいという方も出てくるかと思います。

 

それでも辞めたいと思う方がいるかもしれません。

そういう時はさらに仕事をすることのメリットを10個追加する。

 

探せば仕事の良い面はたくさん出てくる

 

そうしているうちに「意外と仕事をしているメリットって多いんだな」と気付くはずです。

 

普段は仕事の嫌な面にフォーカスをしていて見えていなかった良い面がたくさん見えてきます。

 

「通勤場所が便利」

「比較的責任が軽いポジションにいる」

「仲の良い同僚がいる」

「良い先輩がいる」

「仕事の割には給料が良い」

「給料は安いが仕事は楽」

 

自分が考えていた以上に今の仕事をするメリットがたくさんあることに気付きます。

 

これをするだけで、さっきよりほんの少し気持ちが楽になることを実感できるでしょう。

その状態になると、仕事を辞めるよりも今の仕事を好きになる方が良いと思う方もいるでしょう。

そういう方は次の記事を参考にしてください。

 

それでも仕事を辞めたい

ただ、それでも辞めたいと思う場合もあるかもしれません。

 

そんな時におすすめなのが、

 

実際に辞めることを前提に次の仕事を探してみることです。

 

次の仕事を探しているうちに、今の仕事の方が待遇・職場環境が良いと思うかもしれません。

 

真剣に転職を考えているからこそ、今の仕事と真剣に比較することができます。

 

比較すると今の仕事の良い面が意外と多いことが分かります。

 

それでも辞めたい。

次の3つの条件が揃っている場合は、辞めるという選択肢もありでしょう。

 

1.今の仕事が楽しくない

2.将来へのビジョンもない

3.良い転職先がある

 

「今の仕事が楽しくない」「将来へのビジョンもない」という方は転職を考えるのもありです。

17,000人の登録実績のあるマイナビジョブ20’sサービスは全て無料なので登録しておくといいでしょう。

実際に本気で転職先を探すことで、今の仕事の有難みが分かるかもしれません。

マイナビジョブ20's

 

「仕事を辞めたい」はチャンス!

 

仕事を辞めたいと思う時は、今までと同じ考え方・同じ行動では上手くいかないと教えてくれているのです。

 

仕事からの大事なサインです。

 

「このままでは上手くいかないよ」と。

 

だから仕事を辞めたいと思った時はチャンスです。

 

これまでとは違う考え方・行動を取るチャンスなのです。

仕事を辞めたいという苦しい状況の中にも必ずチャンスは隠れています

 

これまでとは違った考え方・行動を取らざるを得ない状況を作ってくれているのです。

 

だから変われるチャンスです。

 

良い方向へ変わるチャンスです。

 

良い転職先が見つかるかもしれませんし、これまでよりも今の仕事に感謝できるようになるかもしれません。

 

いずれにしても今までの自分と違う自分になることができます。

 

閉塞感から抜け出すチャンスです。

 

仕事を辞めたいと思うとき、仕事に真剣に向き合うことができます。

 

仕事の良い面・悪い面を見つめる良いきっかけになります。

 

チャンスです。

 

あなたは今チャンスなのです。

 

応援しています。

 

関連記事

 

おすすめ本