今の仕事が嫌い。

今の仕事は自分には向かない。

 

そう思っている方も多いかと思います。

 

必ずしも自分の好きなことを仕事にできるとは限りません。

むしろ大半の人は好きなことを仕事にはできていません。

生活のため、家族のため仕方なく仕事を続けている人もいるかもしれません。

 

今すぐに好きな仕事に就く

好きなことを仕事にするために、

今の仕事を辞めるということも考えられます、

しかし、それはほとんどの場合、現実的ではないでしょう。

 

転職または独立して起業したとしても、

次の仕事で十分にお金を稼げるか分かりません。

 

今の生活を捨てて次に進むには少なからずリスクが伴います。

 

それに今の仕事を好きになれない場合、

仕事を辞めて次の仕事を好きになれる保証はないです。

 

それよりも、まずは今の仕事を好きになることを考えてみてはいかがでしょうか。

 



力を出し惜しみしていないか

 

仕事が嫌いという人は力を出し惜しみしているかもしれません。

全力で取り組んでいない可能性があります。

 

仕事が好きだから全力を出せるということではありません。逆です。

仕事を全力でやるから好きになるのです。

 

仕事が嫌いな人は、

 

「自分はこの仕事が好きではないから全力を出さない。出したくない」

と思っています。

 

でも順序が逆なのです。

 

仕事は徹底してやれば好きになる

 

何事も徹底してやれば好きになります。

中途半端にやるから好きになれないのです。

 

おそらく本当に好きなことを仕事にできている人は多くはありません。

そんな中で、仕事を楽しんでいるように見える人とそうでない人がいます。

 

仕事を楽しんでいる人は間違いなく徹底して仕事をしています。

今日できることを明日に先送りしていません。

今できることを精いっぱいやっているから自然と仕事が好きになります。

 

力を出し惜しみしないことです。

 

仕事の良い面を考えれば好きになる

 

次に大事なことは、仕事の良い面を考えるということです。

 

「どうしても仕事を辞めたい時の対処法」の記事でも紹介しましたが、

仕事の良い面をリストアップすることが、

仕事を好きになることに繋がります。

 

 

今の仕事の良い面・メリットを最低10個リストアップしてください。

これをすると、仕事のネガティブな側面を見ていたことにバランスがもたらされます。

 

物事には意味はありません。

意味を付けているのは自分自身です。

 

だから仕事というものに、

「好き」という色を付けるのも、

「嫌い」という色を付けるのも自分次第なのです。

 

試しに全力で取り組んでみる

 

試しに1日限定で、全力で仕事をしてみてください。

「今日1日だけは全力で頑張る」

そういう日を1日だけ設けてください。

 

何かが変わります。

自分の心に変化を感じるでしょう。

 

「一生懸命仕事をしているうちに、あっという間に終業時間になっていた」

きっとそのような感覚になるでしょう。

 

一度これを経験すると、

「明日も頑張ってみよう」

「1週間頑張ってみよう」

ということになるかもしれません。

 

仕事を徹底してすることに損はない

 

それでも今の仕事を好きになれないということもあるかと思います。

でも全力を出さないうちに仕事から逃げていたら、好きになりようがありません。

 

「今の仕事が嫌い」を言い訳にして、

仕事に全力で取り組むことから逃げているだけかもしれないのです。

 

徹底して仕事をすればきっと好きになれます。

今よりも仕事が好きになれます。

 

仕事は人生の多くの時間を費やす営みです。

同じように仕事をするなら好きと思いながら仕事ができたら幸せです。

 

徹底して仕事をすることでより幸せな人生を送ることができます。

 

関連記事

 

おすすめ本