日本人は根っからの働き者です。

毎日朝から晩まで働きます。

 

満員電車に揺られ、毎朝決められた時間に決められた場所へ通勤する。

そして決められた仕事をこなし、嫌々残業をして、また疲れた顔をした人たちと一緒に電車に揺られて帰ってくる。

帰ってご飯を食べてお風呂に入って寝る。

そして朝起きてまた仕事に向かう。

これの繰り返し。

 

その先に何があるのか

 

子供の頃から親や大人から、

「真面目に勉強しないさい」

「一生懸命やりなさい」

そうやって教育を受けてきました。

私たちは頑張っています。

一生懸命頑張っています。

でもその先に何があるのでしょうか。

このレールの向こう側に何があるのでしょうか。

 

人生はあっという間に終わります。

気付いたら30代、40代、50代、60代。

もう昔には戻れません。

若い頃には戻れません。

人生は一度きりしかありません。

 

 



自分の心の声に耳を傾ける

一度きりの人生を後悔のないように生きるにはどうすれば良いでしょうか。

 

自分の心の声にしっかりと耳を傾けることです

 

私たちは、「一般的に」、「普通は」、「常識的に」ということを大事にし過ぎています。

そこに問題があります。

あなたは今に満足していますか。

やりたくないことをしていませんか。

本当にそれはやらなければいけないことでしょうか。

今やらないといけないことでしょうか。

 

自分の本心はどう思っているか。

 

何がしたいのか。

何が好きなのか。

何にワクワクするのか。

 

H.I.S.

納得できる人生を歩むにはチャレンジすること

自分の心の声に従うことが大切です。

私たちは幸せになるために生まれてきました。

やりたくないことを続けて、気付いたら人生が終わってしまいます。

あなたはそれでいいのでしょうか。

お年寄りが死ぬ間際に一番に後悔することはチャレンジしなかったことだそうです。

「もっとチャレンジしておけばよかった」

死ぬときにそう思いたくない。

人生が2、3回あるなら、「今回の人生はやりたくないことでも頑張って最後まで続けよう」という発想も出てきますが、残念ながら人生は一度きりです。

時間には限りがあります。

 

一度きりの人生を、自分にとって納得のできる生き方にするためには「チャレンジする」ことです。

 

やりたくないことをしている暇はありません。

この人生しかありません。もう1回はありません。リセットもできません。

たった1回の人生。

やりたくないことを我慢してやり続けるだけの人生にはしたくない。

チャレンジしたい。

失敗するかもしれないけど、死ぬ間際になって後悔だけはしたくない。

 

だからチャレンジする。

勇気をもって挑戦する。

自分の心が本当にやりたいことをしてください。

明日からじゃなくて今から。

 

自分の道を真っ直ぐに進んでください。

あなたならチャレンジできます。

 

関連記事

 

おすすめ本