誰かの一言が自分の胸にグサッと刺さる。

心無い一言に傷付く。

 

あなたはその一言で悩み苦しんでいるのかも。

「どうしてそんなことを簡単に人に言えるんだろう」

あなたはそう思い、

言った相手を憎み、恨んでいることでしょう。

 

でも相手をいくら憎んでも、あなたの心が晴れることはありません。

 

その一言で傷付いたことを認める

人から酷いことを言われたとき、

大抵の人は傷付くことでしょう。

 

それでいい。

傷付いても良い

 

問題なのは傷付いているのに、それに蓋をして平気を装うことです。

 


傷付いたという感情があるのなら、
素直にその感情を認めること。

 

傷付いたことに対処するには、まず傷付いたことを認識するところから始まります。

自分の心をごまかさないでください。

自分に正直になっていいのです。

 



物事の見方・捉え方が歪んでいる

人からの心無い一言であなたが傷付いている時、

あなたは物事を歪んで捉えてしまっている

 

本来起きる物事に意味はありません。

相手の口から音が発せられたという事象しかありません。

 

そこにはポジティブもネガティブもないのです。

 

あなたがどう解釈するかがすべて。

 

たとえば、

「君は積極性がない」

と言われたとします。

 

その言葉にあなたは傷付いた。

 

でもこの「積極性がない」という言葉の裏には、

「何事も積極的でなければならない」という相手側の観念があります。

 

相手は積極的でなければダメだと思っている。

 

そしてあなたも少なからず「積極的でなければならない」と思っているから、

相手の言葉に傷付く。

 

つまりあなたは、

「人間は積極的でなければならない」という歪んだ観念を持っているのです。

 

歪んだ観念を見つめ直す

もしも、「人間は積極的でなければならない」ならば、

今この瞬間に「積極的でない人間はダメな人間」ということになります。

 

果たしてそうでしょうか。

 

「積極性がない」ということは、ネガティブな側面しかないのでしょうか。

 

積極的ではないというのは、謙虚であるという捉え方もできる。

慎重に物事を進めることができるという捉え方もある。

 

そしてそもそも、何をもって「積極的」と言えるのでしょうか。

ある人から見ると積極的でも、

またある人から見ると消極的に映るかもしれない。

人の捉え方は千差万別。

100人いれば100通りの捉え方があります。

物事の本質を捉えれば傷付かない

「積極性がない」という言葉の裏には、

相手の「積極的でなければならない」という歪んだ観念があることが分かった。

 

相手は物事の本質を捉えられていないのかもしれません。

 

「積極性がない」という相手の発言に対して、

あなたは「必ずしも積極的である必要はない」という真実を知っています。

そうなると、「積極的でなければならない」というのは相手の問題であって、

あなたには関係ないこと。

 

逆に相手は「積極的でなければならない」という観念に捉われて苦しんでいるかもしれません。

本当は自分も積極性がない。それがあなたに見えたからそういう発言をするのです。

人は自分の鏡。

自分の嫌な面が相手に映るから相手を嫌に感じるのです。

 

だからあなたは傷つく必要はありません。

本当は言った本人が苦しんでいる。

それをはけ口としてあなたに言ってしまったに過ぎません。

 

人は大して考えずに言っているという事実

 

そしてもう一つ重要なことは、

相手は深く考えずに言っている可能性がある

 

人は誰でも他人を簡単に評価したがります。

特に深く考えず言ってしまうことはあなたにもあるでしょう。

相手も同じです。

あなたを傷つける意図はないかもしれません。

 

あなたは言われたことをずっと覚えていて憎んでいるでしょうが、

相手はもう言ったことすら忘れているでしょう。

そう考えると、相手を憎んだり、恨んだりすることが馬鹿らしくなってきます。

 

相手はあなたのことにそんなに関心はありません。

自分のことで精一杯。

言われたことに悩んでいる時間はもったいないです。

傷付いた言葉をプラスに変える

全ては考えようです。

物事は必ずポジティブにもネガティブにも考えることができる。

あなたは、傷ついた一言にポジティブを見出すことができます。

 

「積極性がない」と言われたとき、

「これからはもっと積極的に生きよう」

「逆に積極性がない自分を認める良い機会になった」

「傷付かない訓練ができる」

などと捉え直すことができます。

 

必ず相手の発言から生まれた出来事の中にポジティブな側面が見つかる。

それを探して逆にチャンスにするのです。

 

誰かの発言で傷付いたとき、それはチャンスです。

あなたがもっと軽やかに生きやすくできるチャンスです。

 

大丈夫。言われた一言が必ずあなたにとってプラスになります。

 

きっと言われる前よりも成長できた自分に出会えることでしょう。

 

応援しています。

 

関連記事

 

おすすめ本

ピースナイト