あなたは孤独感を感じていませんか。

何をしていても寂しさを感じる。

人といても一人孤立しているように感じる。

 

強い孤独感を感じるときは辛いものです。

 

今回は孤独感を解消・克服する方法をご紹介します。

 

孤独感を解消・克服する方法



①自分の考えをアウトプットする

 

孤独感を感じているとき、あなたはそれを打ち明けられずにいるでしょう。

そんなときは、ノートやパソコンに自分の考えをアウトプットすることです。

「今とても孤独感を感じている」、

「寂しくてたまらない」など、

思っていること感じていることを素直に書き綴ることが大切です。

感情を吐き出すことで感じているストレスを軽減することができます。

またアウトプットすることによって、自分がなぜ孤独感を感じているか認識することができるでしょう。

 

 

②人は皆同じであることを意識する

孤独感で悩んでいるのはあなただけではありません。

多くの人が孤独を感じるものです。

そもそも人間は皆独立した1人の人間であり、皆孤独です。

1人で生まれてきて1人で死んでいきます。

生まれた瞬間からある意味孤独なのです。

家族や友人も結局は他人です。

隅々まで自分のことを理解してくれる人はいません。

だからあなただけが孤独であると感じる必要はないのです。

 

③目の前のことに集中する

 

今やりたいこと、すべきことに集中すると孤独感を感じることはありません。

孤独感を感じるのは考える時間があるからです。

そのため、目の前のことに集中すれば考える暇がなくなります。

人は夢中になっているときに孤独感を感じることはできません。

目の前のことに集中してみてはいかがでしょうか。

 

④孤独感を感じても良い

 

孤独感を感じることを悪いことと捉える必要はありません

もしかしたら孤独感を感じることで何かが変わり、

いい方向へ向かうきっかけになるかもしれません。

孤独を感じるというのは一人の時間を楽しめるという捉え方もできます。

自由な時間がたくさんあると考えることもできます。

すべては考え方次第でどうにでもなります。

 

孤独感を感じるから人を幸せにできる

人は本来1人である以上、孤独感を感じるのは正常であると言えます。

問題はそれをネガティブな感情として捉えてしまうことです。

 

孤独感を強く感じ過ぎると精神的に病んでしまうこともあります。

孤独感をどう捉えるかによって物事が変わってきます。

 

人は孤独感を感じるから人に優しくできるのではないでしょうか。

自分が寂しさを感じるから相手に寂しさを与えぬよう努力する。

優しく勤めようとする。

相手もまた同様に優しくしようとする。

 

人はどこかで孤独を感じているから人と繋がりたいと考える。

人を受け入れたり、受け入れられたり。

もし孤独感がなければ今の人間社会はなかったのかもしれません。

 

だからあなたは孤独感を感じてもいいのです。

孤独感をどう生かすか。すべてはあなた次第です。

 

孤独感を感じることが人を幸せにすると考えれば、

孤独感を感じることにネガティブになる必要はないでしょう。

 

人は皆孤独感を感じる生き物です。

あなたは一人ではありません。

人との繋がりを感じられるためのツールだと思って、孤独感を受け入れてみましょう。

 

関連記事

 

おすすめ本