本記事では、Amazonや楽天市場等のアフィリエイトリンクを簡単に作成できるツール、カエレバの初期設定方法使い方をご紹介します。

色んなサイトを見ていると、下のような商品紹介を見かけることがあります。

Amazonや楽天、Yahoo!ショッピング等のボタンをクリックすると、そのショップに飛んで商品の詳細を見ることができます。

 

これはカエレバを使うことで簡単に作成することができます。

Amazonだけではなく、楽天市場やYahoo!ショッピングの商品リンクもまとめて設置できるので、収益の取りこぼしがなくなります。

読者に選択肢を与えることができるというのがポイントです。

 

今回は、カエレバを使う際の初期設定と実際にリンクを作成して、サイトに貼り付ける方法をご紹介します。

 

カエレバの初期設定前の準備

カエレバを使うために最初にやっておくことがあります。

それはAmazonや楽天、Yahoo!ショッピング等と提携しておくことです。

 

Amazonと楽天の場合

直接Amazonアソシエイトを経由すると5,000円以上の報酬が発生しないと振り込みがされません。また毎回300円の手数料が掛かってしまうことがデメリットです。

楽天も報酬が現金ではなくポイントになってしまいます。

そのため、直接Amazonや楽天を使うメリットがないというのが実際のところです。

 

「もしもアフィリエイト」経由で提携すると、最低支払額は1,000円からとなっており、少ない金額から報酬を受け取ることが可能です。また振込手数料も無料なので、直接Amazonや楽天を使うよりお得です。

そのため「もしもアフィリエイト」を経由する方法がおすすめです。

「もしもアフィリエイト」の詳細ページを見てみる

Yahoo!ショッピングの場合

「もしもアフィリエイト」でもYahoo!ショッピングを利用することができますが、報酬料率は0.77%です。

「バリューコマース」で提携すれば、1%なので、Yahoo!ショッピングの場合、利用するなら断然「バリューコマース」の方がおすすめです。

こちらも最低支払額が1,000円からで振込手数料も無料です。

 

「バリューコマース」の詳細ページを見てみる


「もしもアフィリエイト」「バリューコマース」の提携が完了したらカエレバの初期設定を行います。



カエレバの初期設定方法

カエレバの初期設定をする際に、自分のアフィリエイトIDが必要になります。

カエレバを開く

カエレバを開いて、ページを読み進めていくと「ユーザーデーター入力」という箇所が出てきますので、ここでアフィリエイトIDを入力します。

サイト名を入力する

まず「サイト名」欄に自分のサイト名を入力します。

AmazonのIDを調べる

「アマゾン」欄の下にある「もしも」のIDの「調べ方」をクリックします。

「調べ方」をクリックすると次のような画面が出てきます。

「ココ」と書かれたIDを取得することになります。

このIDを取得する方法を詳しく解説していきます。

 

AmazonのもしもIDの取得方法

 ①「もしもアフィリエイト」にログインして、検索欄に「amazon.co.jp」と入力し、検索をクリックします。

 

②すると「Amazon.co.jp」商品購入」という表示が出てきますので、右側にある「広告リンク取得」をクリックします。

 

「ソース」欄にあるコードの中に、a_id=*******の7桁の数字をコピーします。下の場合「1234567」

 

④カエレバのサイトに戻り、先ほどのAmazonのもしもIDを入力する欄に貼り付けます。

これでAmazonのもしもIDの設定が完了しました。

 

楽天のもしもIDの取得方法

Amazonと同じように次は楽天のもしもIDを取得します。

 

「もしもアフィリエイト」にログインして、検索欄に「楽天市場 商品購入」と入力して、検索をクリックします。

 

②すると「楽天市場 商品購入」という表示が出てきますので、右側にある「広告リンク取得」をクリックします。

「ソース」欄にあるコードの中に、a_id=*******の7桁の数字をコピーします。下の場合「7654321」

④カエレバのサイトに戻り、先ほどの楽天のもしもIDを入力する欄に貼り付けます。

Yahoo!シッピングのバリューコマースIDの調べ方

「Yahoo!ショッピング」欄の下にある「バリュコマ」のIDの「調べ方」をクリックします。

 

「調べ方」をクリックすると次のような画面が出てきます。

上記のようにsid値pid値を取得することになります。

このIDの取得方法を詳しく解説していきます。

 

Yahoo!ショッピングのバリューコマースIDの取得方法

「バリューコマース」にログインして、右下の「定番案件」欄にある「Yahoo!ショッピング」をクリックします。

 

②出てきた画面の右側にある「広告素材を選ぶ」をクリックします。

 

③すると、バナー広告の素材がすぐ下に出てくるので、右側の「広告を作成する」をクリックします。

 

④広告コードが下にできてくるので、sid=*******の7桁の数字、pid=*********の9桁の数字を探します。

 

⑤カエレバのサイトに戻り、先ほどのsid値、pid値をコピーして貼り付けます。

これで「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」の3つの設定が完了しました。必要に応じて他のリンクを同様に設定してください。

 

⑥保存ボタンをクリックします。

これで初期設定は完了です。

サイトが複数ある場合は同じように右側の欄にIDを入力していきます。



カエレバの使い方

初期設定が終われば、実際にカエレバを使ってみましょう。

 

カエレバで商品を検索する

カエレバのサイトを開き、「商品キーワード」欄に好きな商品名を入力して「検索」ボタンをクリックします。

今回は「Fire HD 10 タブレット」を検索してみます。

検索結果が出てきますので、該当する商品の「ブログパーツを作る」をクリックします。

リンク作成手順

ページをスクロールしていくと「画像+リンクリスト ブログパーツ生成」という以下のような表示があります。

ここを詳しく解説していきます

 

デザイン

デザインの最初のボックスは、様々なデザインが設定できます。色々試してみて気に入ったものを使ってください。

※カエレバをカスタマイズしている場合は「amazlet風-2(CSSカスタマイズ用)」を選択してください。

 

2つ目のボックスは「Amazon」や「楽天市場」の左側についているアイコンの変更ができます。

3つ目のボックスには、初期設定で入力したサイト名が表示されます。

 

商品キーワード

商品キーワードには、最初のボックスに先ほど検索した商品名が表示されています。ここに直接商品名を入力しても良いですが、上手く表示されないことがあるため上の検索欄で検索した方が良いです。

 

2つ目のボックスは商品のリンクボタンの表示、「◯◯で購入」「◯◯で探す」などの文章を選択することができます。

タイトル

ここでは、タイトル名の変更や画像サイズの変更ができます。画像サイズは大中小から選ぶことができます。

 

ショップの選択

最初のボックスは「rel=なし」と「rel=nofollow」を選択できますが、「rel=nofollow」にしておけば問題ないです。

あとは表示させたいショップにチェックを入れれば、選択したショップボタンを商品リンクに設置することができます。

ここでは「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」を選択しています。

 

ソースコードをコピーする

設定が終わったら「更新」ボタンを押して、下に表示されているソースコードをコピーします。

サイトに貼り付ける

コピーしたコードをサイトの貼り付けたい位置に貼り付けます。貼り付ける際はテキストモードにして貼り付けることになります。

WordPressを利用している方は、ビジュアルエディタモードに直接貼り付ける便利なプラグインがあります。

 

カエレバコードを貼り付けたら実際に表示を見てみましょう。

↓こんな感じ

カスタマイズすれば次のような表示にすることができます。
Amazonや楽天などがボタン化しています。
ショップリンクをボタン化すればよりクリックされやすいでしょう。

Amazonを先頭に表示させる

現在、カエレバの仕様変更により、商品リンクボタンの先頭にはAmazonではなく楽天市場がきています。

Amazonを先頭にする方法を参考までにご紹介します。