あなたは自分自身が好きですか。

自分自身を認められていますか。

 

自己肯定感が低いと自分自身を認められなくなってしまいます。

自分自身を認められないから人生が生き辛く感じます。

 

何かあるごとに「自分はダメな人間なんだ」、「才能がないんだ」

そのような言葉を自分に掛けてしまいます。

自分で自分を否定してしまっているのです。

 

「自分のここが気に入らない」

「容姿がもう少し綺麗なら」

「昔からこういう性格だから」

 

自己肯定感が低くなった原因

自己肯定感が低くなった原因は様々だと思いますが、主に幼少期の経験に基づくことが大きいように感じます。

 

小さい頃に親から褒められなかった。

虐待を受けた。

親が厳しすぎた。

逆に過保護すぎた。

 

などなど。

 

幼少期の環境が自己肯定感の高低に大きく影響すると考えられています。

 

しかし、同じ境遇でも自己肯定感が高い人と低い人がいます。

遺伝的な要素、その人の持っている性格にも左右されると考えられます。



自己肯定感は上げられる

幼少期の環境や持っている性格により自己肯定感が低くなってしまっていても諦めることはありません。

 

自己肯定感は自分自身で高めることができます。

 

 

自分自身を愛することで自己肯定感が上がります。

 

一般的に、自己肯定感を上げるためには、努力して今の自分よりも高いレベルにする必要があると考えるでしょう。

自分をもっと成長させて自己肯定感を高めようと思う人は多いと思います。

 

勉強して資格をたくさん取ったり、痩せるためにダイエットをしたり、頑張って残業をしたり。

 

場合によっては、高級ホテルに泊まったり、自分よりも年収が高い人達の集まりに参加したり。

そういう方法を試した方もいるでしょう。

 

もちろんそれで自己肯定感が上がる人もいるかもしれません。

でも必死に自分を高めようと努力することの落とし穴は、上には上がいるので他人と比較してしまい、「やっぱり自分はダメだ」と思ってしまうことです。

 

自己肯定感を高める方法は、ダメな自分を愛すること

 

自分の良いところは受け入れられるけど、悪いところは受け入れられない。

そういう人が多いでしょう。

 

でも本当に自己肯定感を上げるためには、

 

「今の自分を愛すること」

 

「ありのままの自分を受け入れること」

 

「自分のダメな部分を受け入れること」

 

これが自己肯定感を高めるポイントです。

 

自分の醜い部分、嫌いだと思っている部分をとことん愛してあげること。

 

そうすることで「自分は生きているだけで素晴らしい存在なんだ」と実感できるようになります。

 

最初は自分の嫌な部分を受け入れるのに抵抗感があるかもしれません。

特に今まで自分の良い面だけしか受け入れられなかった人はそうだと思います。

 

最初は受け入れることができなくても、自分はこういうところを嫌だと思っていると認識するところから始めればいい。

 

そうしてゆっくりと時間を掛けてそれを受け入れていく。

醜い部分も受け入れていく。

 

嘘つきで、意地っ張りで、ネガティブで、太っていて、時には上から目線で、傲慢で、コミュニケーションが苦手で、人に迷惑を掛けてしまう自分も受け入れる。

 

自分のダメな部分を受け入れる方法

 

結局最後は自分が自分の味方にならないと誰も味方になってくれません。

 

誰かに自分の自己肯定感を上げてもらうことはできません。

自分でやるしかないのです。

 

自分のダメな部分を受け入れるためには、自分に徹底的に良い言葉、励ましの言葉、肯定的な言葉を掛けてあげることです。

 

「こういうところもあるけど、それも自分だし受け入れよう」

「毎日自分はよくやっている。素晴らしい」

「今の自分で十分だ」

 

とにかく肯定的な言葉を自分自身に掛け続けることです。毎日です。

 

ノートに書くことをお勧めします。パソコンやスマホのメモ帳でもいいでしょう。

とにかく毎日続けることです。

 

自分の良い面も悪い面も愛すること。

 

そうすることで静かなる自信が沸いてきて、人生をより軽やかに生きていくことができます。

 

関連記事

 

おすすめ本