私たちはいつの間にか活動することに慣れてしまっています。

仕事以外に暇があればテレビを見たり読書をしたり買い物に出掛けたり。

 

時間があれば何かをしなければならないという考えがあるからです。

それはそれで素晴らしいことなのですが、

それでは自分と向き合う時間が圧倒的に足りなくなってしまいます。

 

日々の忙しさで本当にやりたいことを見失っていないか

 

真面目な人ほど暇を嫌っているように思います。

何もしていない自分は怠け者だと感じてしまうのです。

ある種の強迫観念から何かをしなければならないと感じているのです。

 

自分のやりたいことではないとどこかで感じながらも毎日を活動で埋め尽くしていく。

 

そうしていると、人生という山を一生懸命登って頂上まで到達した時に、「この山じゃなかった」と思うことになります。

 

日々の忙しさに自分の本当にやりたいことを見失い、

人生の大半を過ぎた時に間違っていたことに気づくのです。

でもその時では遅すぎます。

 

本当にあなたがやりたいことを見つめることが重要です。



自分会議をするとインスピレーションが浮かぶ

 

だから何もしない時間を作ることが大切です。

何か目的をもって時間を過ごすのではなく、目的もなくただ過ごす時間を作るのです。

 

ソファにゴロゴロして何もしない時間を確保する。

この時読書をしてはいけません。

テレビを観てもいけません。

文字通り何もしないのです。

 

何もしないでソファで横になっていると、様々なことが頭の中を駆け巡ります。

 

過去のこと未来のこと。

家族、友人、職場の同僚。

お金、健康、遊び。

 

本当に色々なことが頭の中に浮かぶでしょう。

 

頭の中で自分自身に質問をする

 

時には冷静にあれこれ考えて論理的に結論を出すことは大事になってきます。

しかし、最も大事なことは、

 

「自分が本当に好きなことは何か」

 

「自分が本当にやりたいことは何か」

 

それを自分の心に聞いてみて、インスピレーションが浮かぶまま、それに従ってみることです。

自分会議をしていると、自分が本当にやりたいこと、好きなことが見えてきます。

 

面白いように頭の中に浮かんでくるでしょう。

 

この時大事なのはリラックスすること。

リラックスしている状態で浮かんでくるインスピレーションが、今のあなたに必要なことです。

心の声に耳を傾けてください。

 

あなたは今何がしたいですか?

 

自分会議の後に行動する

 

何もしない時間を作ることはとても大切です。

ソファがなければ布団に入ってやってもいいでしょう。

 

好きな景色が見えるところで車を停めて、

のんびり景色を眺めながらするのもおすすめです。

大事なことは1人でやること

誰かがいてはできません。

 

自分会議の中で出てきたアイディア・インスピレーションをメモしてください。

それは本当にあなたがやりたいことです。

あなたの心が欲していることです。

 

それを行動に移すのです。

 

いきなり「世界一周をしたい」と言ってできるものではありません。

大事なのは必ずしも大きなことでなくても良いということです。

今できる小さなやりたいこと、好きなことをやるのです。

 

美味しいケーキ屋に行ってみる。

部屋を片付けてみる。

友達に電話をしてみる。

料理をしてみる。

 

「◯◯すべき」「◯◯しなければならない」という考えを捨てて、

あなたが本当にしたいことをしてください。

そうすると、今より元気なあなたに会うことができるでしょう。

 

徹底的に自分と向き合う時間が必要です。

1週間に30分でも良いです。

 

自分会議の日程を入れてみてください。

驚くべき変化を感じるでしょう。

 

関連記事

 

おすすめ本