あなたにも夢や目標があるでしょう。

夢や目標をかなえるために絶対に知っておきたい法則があります。

それは、篠塚澄子さんという方が著書である「幸せへのパスポート―『Be Do Have』の法則」で紹介している「Be Do Have」の法則です。

 

「Be Do Have」と「Have Do Be」

 

Be Do Haveは次のようになっています。

Be:あり方

Do:行動

Have:結果

 

大事なのはこの順番です。物事はこの順番のとおり現実になっていくということです。

 

しかし、私たちの多くはこの順番の逆、Have → Do → Beで生きています。

 

たとえば、

Have:もっとお金を持っていれば

Do:たくさん物を買うことができて

Have:幸せになれる

 

Have:子供が良い子であれば

Do:良い学校に行けて

Have:幸せになれる

 

このような順番で考えてしまいがちです。



物事を現実化していくためには「Be Do Have」

宇宙の絶対的な法則として、物事が現実化していく順序は Be → Do → Haveです。

 

これは、

Be(あり方):行動の源泉となる自分自身のあり方がある

Do(行動):それがエネルギーとなって行動する

Have(結果):その行動の積み重ねが結果として実現する

という流れになっているのです。

 

あなたはこれとは逆のことをしていませんか。

「もっとお金があれば幸せになれるのに」と考えていませんか。

先に欲しいものにばかりフォーカスしていませんか。

 

持つこと(Have)を先に考えてしまうとなかなかそれが現実化されません。

宝くじでも当たらない限り、何もせずにお金がポンっと入ってくることはありません。

 

願望がなかなか叶わないと悩んでいる人は、

Be(あり方)に着目してみてください。

 

Be(あり方)がすべてを決める

 

結局あなたがどういう人間であるかどういうあり方でいるかがすべてと言っても良いでしょう。

 

あなたがお金を手に入れるという結果を得たいのなら、

すでにお金を手に入れている自分のあり方を意識することです。

 

「すでにお金を手に入れている自分はどういうあり方・考え方をしているか」

 

そこにフォーカスすることです。

 

「すでにお金を手に入れているあなた」はきっと幸せでしょう。喜びを感じているでしょう。満ち足りているでしょう。

最初にそういうあなたになるのです。

 

幸せで喜びを感じ満ち足りているあなただから、

それをエネルギーにしてお金を得る行動をし、

その行動の積み重ねでお金を手に入れられる。

 

物事が現実化していく順序はこのようになっているのです。

Be → Do → Haveの順番なのです。

 

不足感ではなく充足感の中で行動する

物事を実現するためのあり方(Be)というのは、

不足感ではなく充足感を感じているということです。

 

不足感を感じていると、「私は不足している」という考えの元で行動することになります。

不足感の中では良いアイディア・インスピレーションが浮かびません。

良いアイディアが浮かばないから、欲しい結果を手に入れるための正しい行動ができません。

そのため欲しい結果も手に入らないのです。

 

逆に充足感の中で行動すると、アイディア・インスピレーションがどんどん浮かび、

それを元にして行動するため、欲しい結果が手に入るという仕組みです。

 

あなたが今、どれだけお金がなくても、パートナーがいなくても、

それでも幸せなあなたになると決断することです。

 

不足感からは苦しみしか生みません。

何かを得る前に充足感を感じることが大事なのです。

何かを得てから充足感を感じるのではなく、

充足感を感じているから何かを得ることができるのです。

 

あなたもこれから「Be Do Have」の順番を意識してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事