「もっとお金があったら幸せになれるのに」

「高級車があればきっと幸せを感じることができる」

「いいパートナーがいれば・・・」

〇〇があれば、〇〇を持っていれば幸せになれる。そう思っている人は少なくないのではないでしょうか。

かく言う私もそうでした。

「今よりももっとお金があれば、買いたいものを自由に買えるし、行きたいところへも自由に行ける」

そう考えていました。

で、実際お金があることによって、幸せになれる部分もあると思います。

良い車に乗ることで所有欲を満たしてくれて幸せな気分を感じることができるかもしれませんね。

 

でも、「〇〇があれば」が達成されても、あなたが望んでいた幸せを感じることができるか分かりませんよ。

それらは「今のあなた」が想像している幸せであり、実際にそうなってみたときに、想像していた通り幸せを感じることができるか、そして幸せを継続できるか。それはまた別問題。

本当の幸せは、「お金を手に入れること」「欲しいものを手に入れること」「良いパートナーを持つこと」ではありません。

それはあくまで手段なのです。

あなたが本当に求めているのは、それらを手に入れることによって得られる満足感や安心感、自由感です。


つまり満足感などを味わいたいがために人、モノ、金が欲しいと思うのです。

でもお金が手に入ったとしても、一人孤独でいたら幸せでしょうか。高級車を所有していても不健康な生活をしていたら幸せでしょうか。

たとえ人、モノ、金があったとしても満足感を感じることはできないかもしれませんよね。

実際に大事なのは人、モノ、金があることではありません。

満足感を感じること。満足感を感じる体の感覚。いい気持ち。

それが全人類が求めている幸せなのです。

 

何かを成し遂げるから幸せになるのではなく、体が満足感、いい気持ちを感じることが幸せなのです。

試しに、この半年で楽しかったこと、嬉しかったことを一つ思い浮かべてください。

そうすると、胸のあたりがじわーんとあったかい感じ、感覚がします。

これが幸せを感じる体の感覚です。

結局、お金を得たいのも、良いものを所有したいのも、良いパートナーに巡り合いたいのも、最終的にこの体の感覚を感じたいからです。

 

最終的に人間は、この体の気持ちよさを感じたいのです。

だから今お金を持っていなくても、今最高のパートナーがいなくても、この体の感覚になってしまえばいいのです。

お金があるから、モノがあるから、人がいるから、この体の感覚になるのではなく、先にこの体の感覚になってしまうのです。

私たちは逆のことをしてしまっています。人、モノ、金があるから幸せになると考えています。これは全く逆で、満足した感覚、満足した体の状態だから、人、モノ、金を引き寄せるのです。

 

では、どうすれば体が満足した状態、気持ちいい体の状態になるのか。

それは先程試したことです。過去に楽しかったこと、嬉しかったこと思い出し、胸の辺りで感じるまで続けます。

胸の辺りが温かくなるのを感じたら、それを持続させます。できれば一人でリラックスできる状態の時がおすすめです。

この状態をキープしながら行う行動は、恐れや不安からの行動とは異なってきます。

恐れや不安から行動をする場合、たとえば仕事をしないと生活ができない、家族を路頭に迷わせてしまうという考えからやる仕事では、良いパフォーマンスを発揮できません。

逆に幸せな、満足した体の状態で行う仕事では成果を出しやすくなります。

何かを達成するから幸せになるのではなく、何かを得るから幸せになるのでもなく、常に満足した体の状態にする。

これが幸せの本質です。

あなたはまだ幸せになるために行動していませんか?

幸せとは体が感じる満足感です。そこをピンポイントで押さえれば、あなたは今幸せを感じることができるでしょう。