MAX関数とMIN関数を使えば、データが入っている範囲内で最大値・最小値を簡単に表示することができます。
[ad#ad-1]

たとえば、上のような体重管理の表があるとして、その範囲内で最大値と最小値を求めます。

 

MAX関数で最大値を求める

まず最大値はMAX関数を使います。MAX関数は、

=MAX(数値1,数値2,・・・) で表されます。

数値1の場所にデータの範囲を入れます。数値2以降は複数のデータの範囲を指定したい時に使います。今回は数値1のみを使用します。F1のセルに次の数式を入力します。

=MAX(B2:B32)

これで最大値が表示されました。

 

MIN関数で最小値を求める

次に、最小値を求めるMIN関数を見ていきますが、MIN関数もMAX関数と同じ考え方です。

=MIN(数値1,数値2,・・・)

F2のセルに、次の数式を入力します。

=MIN(B2:B32)

これで最小値が表示されました。