たとえば、1日の試合が何試合かあり、その結果が表示されたデータがあるとします。このデータをもとに日付ごとに「何勝何敗」かを瞬時に表示できたら便利です。



計算用の数式を設定する

まず最初に、日付と勝敗を関連付けるために左側のデータを加工します。C列に計算用の数式を追加します。C2セルに、

=A2&B2

を入力します。入力したら下の方までコピーします。

これで数値で表された日付と勝敗が関連付けられた文字列がC列に表示され、日付ごとの勝敗をカウントする準備が整いました。

 

COUNTIF関数を使ってカウントする

次に、勝ち数をカウントするために、条件に一致した個数を表示させる関数であるCOUNTIF関数を使って、G2セルに次の数式を入力します。

=COUNTIF(C:C,F2&"勝ち")

これで、C列のデータの中から、F2(5月7日の数値表示)と ”勝ち” が結びついたデータ(43227勝ち)の個数である2を表示できました。

 

負け数も同様に、H2セルに次の数式を入力します。

=COUNTIF(C:C,F2&"負け")

これを下までコピーすれば完成です。

 

応用として、上で表示された結果を一つのセルで「何勝何敗」と表示させたい場合は、次の記事を参考にすれば可能です。

【Excel】複数のセルの情報を文字列として表示させる