文字列の真ん中の文字を抽出したい時には、MID関数を使います。

MID関数は、

=MID(文字列,開始位置,文字数)  で表されます。

たとえば、次のような文字列があるとします。

左から数えて、3番目から6番目までの4文字を抜き出したい時は、B1セルに

=MID(A1,3,4)

と入力します。すると、

B1セルに、A1セルの文字列のうち、3番目から6番目までの4文字「うえおかき」が表示されました。

 

おすすめ記事

 

関連記事

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です